『2016年』動画ダウンロードソフト比較

TokyoLoader(トーキョーローダー)の使い方レビュー

TokyoLoader

>>公式サイトはこちらから<<

 

TokyoLoader(トーキョーローダー)はほとんど知られていないダウンロードソフトですが、実は簡単にダウンロードができるよう工夫されたソフトなのです。どんな使い方をするのかご紹介しましょう。

 

 

ワンクリックダウンロード

 

TokyoLoader(トーキョーローダー)の一番のメリットは、動画をワンクリックでダウンロードできることです。仕組みとしては、VideoDownloadHelperと同じです。ブラウザのアドオンとして機能させることができるのです。

 

VideoDownloadHelperの場合、Firefoxのアドオンとしてインストールを行い、ブラウザの上部アイコンから動画をダウンロードします。

 

TokyoLoader(トーキョーローダー)の場合は対応ブラウザがFirefox、Chrome、IEとなっています。Macでも使用できます。大勢の人が使っているこのブラウザであれば利用対象に入るでしょう。

 

それらのブラウザで動画サイトへアクセスし、動画を再生します。すると矢印マークが出現するので、それをクリックしてダウンロードを行います。これだけで完了です。ダウンロード方法としては最も簡単な部類に入るでしょうね。

 

なおタスクバーのTokyoLoader(トーキョーローダー)を右クリックすると「フォルダを開く」があるので、落とした動画一覧をそこから確認することができます。

 

 

対応動画サイト

 

TokyoLoader(トーキョーローダー)は人気動画サイト100以上に対応しています。YouTubeやニコニコ動画、FC2動画をカバーし、Dailymotion、PandoraTV、Youkuなどの利用者が多いサイトも対応しています。

 

あとはマイナーな動画サイトも対応していますが、とりあえずこれらの動画サイトを抑えていればほとんどの人が楽しめるのではないでしょうか。

 

 

インストールをしよう

 

TokyoLoader(トーキョーローダー)は公式ホームページから取得することができます。アクセスするだけですぐに「ダウンロード」と書かれているので気づくでしょう。

 

ダウンロードをしようとすると、「ソフトウェアの発行者不明」という警告画面が出るので、パソコンに詳しい人以外はちょっと驚くかもしれません。

 

この表示は証明機関を通していないソフトウェアをインストールする場合に表示されるものなのです。基本は個人のソフトウェアなどは証明機関を通していないのでこのような表示が出てしまいます。気にせず「インストール」を押して次へ進んでください。

 

インストールが終わると、次にブラウザに合わせた拡張機能をインストールする画面が出てきます。画面に沿って進むだけなので特に難しい部分はないでしょう。そのままインストールしてしまいましょう。

 

 

デメリット

TokyoLoader(トーキョーローダー)は簡単で便利、楽チンなダウンロードソフトですが、デメリットもあります。それはダウンロードしか機能がないのです。どの無料ソフトでもたいていは動画形式を変換する機能がついています。

 

例えば先程のVideoDownloadHelperであれば、上部バーにあるアイコンをクリックすると、ズラッと何種類もの動画形式が表示されて、好みの形式をクリックしてダウンロードすることができます。Craving Explorerでも同じことです。ダウンロードボタンを押すと自動的に動画形式を選択するようになり、MP4やWMVなどを選択してダウンロードができるのです。

 

しかしこのTokyoLoader(トーキョーローダー)にはその動画形式変換機能がありません。ほとんどの無料ダウンロードソフトについている機能がないというのはちょっと大きなデメリットになるでしょう。

 

FreeMakeDownloader公式ページはこちらから

 

 

他のダウンロードソフトも見てみる