『2016年』動画ダウンロードソフト比較

FreeMakeDownloaderのメリットとデメリット

FreeMakeDownloader

>>公式サイトはこちらから<<

 

 

少しマイナーなFreeMakeDownloaderという動画ダウンロードソフトですが、意外に使えるソフトでもあるのでご紹介しましょう。メリットやデメリット、また機能面の評価や注意点なども書いてみました。

 

 

 

メリット

 

対応動画サイトが豊富

 

FreeMakeDownloaderはフリーウェアダウンロードソフトの中でも一番多いレベルです。

 

FreeMakeDownloaderの公式サイトでは1万サイトと記載されています。とはいえ国内サイトに対応していないと意味がありません。国内サイトではYouTube、ニコニコ動画、FC2動画に対応しているのでほとんどの人はこれだけでも満足でしょう。

 

あとは海外動画サイトから落とすことができ、いろんな動画を集める楽しみ方ができます。

 

 

4K画質に対応

 

YouTubeでは最近高解像度の動画がアップされていることがあります。4Kという高画質動画であっても、FreeMakeDownloaderはダウンロードすることができます。

 

 

無料で使える

 

対応サイトが豊富で使いやすい操作性で、無料で使えるなら満足ですよね。

 

 

日本語に対応

 

外国ソフトですが、デフォルトで日本語化されています。設定などもすぐにいじれるので助かりますね。

 

 

動画形式の変換ができる

 

動画形式の変換も簡単にできます。動画をダウンロードすると自動的に動画形式を選択する画面が出るので、迷うことなく変換ができます。

 

 

使いやすい

 

使いやすさはこのFreeMakeDownloaderの一番の特徴かもしれません。メイン画面はURLを貼り付けるボタンが大きく目立っていて、とてもシンプルです。ダウンロード開始画面も大きくとってありますし、ダウンロードの進行状況もわかりやすいです。

 

動画形式変換はダウンロードと同時に選択でき、しかも見やすい。これがCraving Explorerだと文字が小さいですが、FreeMakeDownloaderなら文字が大きく、動画の解像度まで表示されています。さらにダウンロードが完了すると再生ボタンが出るので、すぐにプレーヤーが起動して視聴ができます。

 

このように動画のダウンロード一連の手順がとてもシンプルで見やすい画面なので初心者にもおすすめできます。別のダウンロードソフトやツールでURLを入れる検索枠だけのものがありますが、たしかにシンプルですが動画形式の変換ができない、即再生ができないのであればシンプルでも便利ではありません。

 

 

 

FreeMakeDownloaderの機能面

 

FreeMakeDownloaderはフリーウェアですし、有料ダウンロードソフトのような多機能ではありません。人気のCraving Explorerのように、最低限の機能をとても使いやすくした、というようなダウンロードソフトと言えるでしょう。

 

対応サイトは豊富なので、デフォルトで5サイトくらいしかないCraving Explorerよりも優れています。

 

しかし有料ダウンロードソフトには録画機能が充実しているものがあります。これにより、ニコ生を保存できたり、ライブ映像を保存する楽しみ方ができます。こういった動画は面白いものが多いのですが、FreeMakeDownloaderで保存することはできません。

 

 

 

FreeMakeDownloaderの操作性

 

操作性も評価が高い部分です。とにかくデザインやインターフェイスにこだわって設計されたのがよくわかります。

 

メイン画面はほぼダウンロードする動画の進行画面とも言えます。あとは左上に目立つURLペーストボタンがあるだけ。URLをペーストさせると動画変換のミニウインドウが開いて、動画形式を選んでダウンロードを開始するだけです。

 

あとはメイン画面にダウンロード状況がバーで表示され、動画のサムネイルも出ているのでわかりやすいでしょう。

 

ダウンロードが終われば、再生する、フォルダを開くが表示されるのですぐに視聴したり、動画が入ったフォルダを開いたりできます。

 

この使いやすさは良いと思います。

 

 

デメリット

 

FreeMakeDownloaderのいい部分ばかりを書いてきましたが、実はデメリットもあります。

 

それはソフト自体が不安定であること。ダウンロード失敗、ある動画サイトからは落とせない、などが起きているのです。もちろんフリーウェアダウンロードソフトなのでエラーはどのソフトでもありますから、仕方ないかもしれません。

 

エラーが多い理由としては、更新アップデートが遅いことがあります。Craving Explorerなら2ヶ月に一度くらいのペースでアップデートが行われますが、FreeMakeDownloaderの場合は半年から1年近く空くこともあります。

 

アップデートが長く行われないと、その間に仕様変更をした動画サイトからはダウンロードができなくなります。おそらくネットでダウンロードができない、という書き込みもこれが原因かもしれません。

 

また録画キャプチャー機能がないので生放送や有料動画はダウンロードできません。これがMXONEだとなんでも保存できるので、有料ダウンロードソフトのような楽しみ方はできません。

 

またインストール時に怪しいアプリケーションを入れているので注意が必要です。これらのソフトはパソコンの内部に入り込むタイプなので、なにをされるかわかりません。パソコンメンテナンスソフトは、名前の通りレジストリなど内部に入れそうです。またタスクバーに常駐する天気ソフトは、常時起動しているので常時データをどこかに送ることも可能になります。

 

FreeMakeDownloaderの開発元のFreeMakeConverterも怪しいアプリケーションが入ってしまうらしいので、あまり安心して使える開発元ではない気がします。

 

 

FreeMakeDownloader公式ページはこちらから

 

 

代わりとなるおすすめダウンロードソフト

 

そこで代わりになるおすすめダウンロードソフトをご紹介しましょう。先ほどご紹介したMXONE2が一番いいと思います。ユーザーが求める機能がフルに装備してあります。

 

例えば録画キャプチャー機能。これによってダウンロード不可能な生放送やニコ生、また会員向け動画も録画してパソコンに保存してくれます。録画キャプチャーはデスクトップ全体ではなく、映像のウインドウだけを録画するので再生する時も見やすいのです。

 

またダウンロードはめちゃくちゃ速いです。高速にガンガンダウンロードできるので楽しいですよ。そして動画形式も豊富。インターフェイスは多機能ですが、はじめに使いたい画面にアクセスして使うという振り分け型になっているので操作はわかりやすくなっています。有料アプリケーションなので安全性も保証されています。この点も動画のダウンロードをするなら大切ですよね。以上MXONE2もぜひ検討してみましょう。

 

 

他のダウンロードソフトも見てみる